So-net無料ブログ作成
検索選択

1次試験申し込み完了!〜中小企業診断士試験〜 [奮闘記(日記)]

平成25年度中小企業診断士第1次試験の
申し込み期限は5月末までです!

みなさん、申し込みは完了しましたか?

申し込みの〆切は31日ですが、
試験案内・申込書の取り寄せ(郵送)の依頼は
24日までに郵送で行わないといけません。

早目に申し込みましょう!

昨年合格した科目の科目免除について
少し悩みましたが
やっぱり6割以上取れる保証はないので
免除申請しました。

今年は残りの4科目を取り切ります!

これから受けようと思ってる方は
科目合格の制度があると言っても
やっぱり一発で合格することを
考えた方がいいですよ!

得意科目を伸ばして不得意の科目は
足切り(40点未満)にならない程度は勉強して
トータル6割を目指すのが
一番効率的だと思います!

あー合格したい!

労働法規〜割増賃金について〜 [企業経営理論]

相変わらずサービス残業という文化は
はびこっていると思いますが
労働者は関連法規について
知っておくべきだと思います。

ただ、知ったら愕然というか
悲しくなること請け合いです。

まず単純に
一日の法定労働時間8時間で、 それを超えた時間外労働には 原則として2割5分増以上の 割増賃金が支払われます。

1ヶ月でみると
時間外労働が60時間までは上の通り
2割5分増以上ですか、
60時間を超えた時間の労働に対しては 原則5割増以上の賃金率になります。

また、深夜業(原則午後10時〜午前5時)に対する 割増賃金率は2割5分増以上ですので、
時間外労働が深夜に及ぶと
深夜業の2割5分+時間外労働の2割5分で 5割増以上の賃金を支払わなければなりません。

休日に出勤をされる方もいると思いますが
法律でいう休日労働は法定休日(原則週1回)に対するもので、 割増賃金率は3割5分増です。
その他会社ごとに定められている所定休日(例えば週休2日制の場合の1日) に労働をする場合は、休日労働ではなく時間外労働にあたります。
つまりこの場合の割増賃金率は2割5分増で、
休日労働とは扱いが別になります。

この通りに支払われている会社は
どれくらいあるのでしょうか…

悲しくなってきたので今回はこの辺で…


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。