So-net無料ブログ作成
お薦め図書 ブログトップ

この国を出よ-大前 研一、柳井 正-(小学館) [お薦め図書]

数年前にベストセラーになった本だと思うのですが
今更ながら読んでみました

民主党政権の頃の話で若干内容は古いかもしれませんが
今でも変わらないこの国の現状を
痛快に批判されています

政治家やマスコミへの批判、
日本とは?日本人とは?…

内容も的確で、こんなにまともな批判は
あるようでなかなか無い気がします

何より、政治家よりもこの国を憂いている
この国を思っていることがわかります

実際に読んでみると、時代遅れの日本人
日本人の愚かさ、日本の将来の危機(そう遠くない将来)
についてわかりやすく書いてあります

私も日本人のお気楽感には危機感を覚えているので
ものすごく納得できました

自分も含めてですが、
日本人の愚かさに恥ずかしさを覚えます

タイトルの「この国を出よ」を始め見た時は
何となく単純に企業などの海外進出を
勧めるような本かなと思ったのですが、
「この国を出よ、そして日本に戻って来い」
本の中で大前さんが仰っているように
日本を復活させるための手段
それも今の時代当たり前で最低限のことを
仰っているのがわかりました

今や国境に垣根はありません
必ずしも海外に出ろとは思いませんが
(個人や企業に限らず)海外進出は
当たり前の選択肢のひとつということは
間違いありません

引っ込み思案、安定志向のダメな若者
教育や政治を根本から変える必要性を
改めて感じました

私も中小企業診断士を目指していますので
日本を復活させるには若者が立ち上がり
起業家がもっと増えて
活気ある国にする必要性があると
常々感じています

安定志向が日本を不安定にしていることに気付いてほしい
不況などに文句ばかり言わず自分で変えようと思ってほしい
そういう若者が増えてほしい、
増やす社会、教育に変わってほしい
自分自身それに関わりたい
そんなことを改めて感じました


思いのほか面白く良書だと思いました!

知らずにハードカバーを買ったのですが(古本ですが)
小学館文庫から文庫本(520円)も出ているようなので
みなさん読まれることをお薦めします!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
お薦め図書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。